目の成形

生まれた時から二重の人に対する憧れは、元々二重の人にはわからないものだと思います。
一重は一重の良さがあるじゃないか、と言われようが、自分がそう思えなければ慰めにもなりませんよね。
アイプチなどで毎朝毎朝二重を作ることに躍起になっているものの、時間の経過で取れてきたり、お風呂に入って化粧を落とせば元通り…。
毎日のイタチごっこへの疲れから、二重まぶたを作るための手術に踏み切る人は少なくありません。

二重まぶたを作るための手術は、以前は切開法と言う方法が幅広く知られていましたが、現在では費用、期間、そして柔軟性の高さから埋没法、という手術法が人気を博しています。
この埋没法は埋没して一重を作ってしまっている部分を糸によって人工的に引き上げ、持ち上げて二重を作ります。
アイプチがまぶたの外側から作るものだとしたら、埋没法はまぶたの内側から作っている、ということですね。

まぶたに糸…考えただけでくらくらする、という人もいるかも知れません。
ですが、まぶたにメスを入れることと比較してみると、どうでしょうか?どう考えても埋没法による糸の方が、その恐怖感やハードルの高さ感は、ぐっとさげられると思いませんか?
アイプチとお別れしたい人には、埋没法が今一番おすすめだと言えるでしょう。

Recommend Entry

アイプチでも

負担の少ない二重の手術として埋没法があると思いますが、手術が怖い時は、アイプチなんかも良いと思います。

what's new

2013/05/31
アイプチでもを更新
2013/01/17
気になる費用を更新
2013/01/17
加齢と共にを更新
2013/01/17
自然に見えるを更新
2013/01/17
負担が少ないを更新
2013/01/17
負担の少ない埋没法による二重手術を更新
2013/01/17
ホームページリニューアル